男性

コストをかけず最小限に現状復帰|店舗を修繕

雷の被害から守る

アパート

避雷設備とは実際何か

避雷設備は、言葉通り雷による被害から人や建築物を守るための設備です。一般的によく知られた名前に、避雷針というものがあります。避雷針とは避雷設備全体を指して言います。日本においては建築基準法によって、ある一定の高さを持つ建築物には避雷設備(避雷針)を設けることが定められています。雷は低いところより高いところに落ちやすいためで、避雷針を設置することが定められているのは、高さが20メートル以上ある建築物からです。建築物に雷の直撃を受けると、高い電流が流れることで電気機器が故障したり、火災が発生したりします。避雷設備はこうした被害から、私たちを守ってくれる大切な設備です。避雷針は雷を避けると書きますが、実際には周辺に発生する雷を避雷針に寧ろ雷を導いて落とし、その電気をケーブルなどで地中に放電することで被害を防ぎます。

一般的な住宅にも普及

避雷設備は近年一般的な住宅においても、注目は高まっています。というのも近年地球温暖化などに起因する異常気象が多発しており、そうした中で今まで日本では稀であった、極端な気象現象も度々発生しています。雷を伴う局所的な豪雨被害は各地で発生しており、大都市部ではヒートアイランド現象なども相まってゲリラ雷雨なる局所豪雨も多発しています。例えば東京都市部は元々雷の発生は少ない地域でしたが、現在は夏場には頻繁に雷を伴う豪雨に見舞われます。群馬など雷雨の多発地帯では昔から一般的な住宅にも避雷設備は普及していましたが、こうした気象現象の変化によって今までは住宅に避雷設備を設けることは少なかった地域でも、避雷設備に注目が集まっているのです。